045-543-7771
MENU

小児眼科

Pediatric Ophthalmology

小児眼科Pediatric Ophthalmology

視力と両眼視(子供は生まれた時から自然に見えるのではないのです)

小児眼科

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は目の前の手の動きがわかる程度でまだぼんやりとしか見えません。1歳で0.3、3歳には0.8くらい見えるようになり、小学校に行く6~7歳頃には大人と同じくらいまで見えるようになります。視力が発達する時期に目に適切な視覚刺激を受けることで初めて視力は発達して大人の見え方になります。右目と左目は左右に離れているのでわずかに角度のずれた像を見ています。左右の目で見たそれぞれ像を同時に1つに重ねて立体的に見る力を両眼視といいます。この機能のおかげで3次元的にものが見えるようになり奥行などの立体感を判断することができます。そして広い範囲のものが見えるようになります。両眼視は視力に比べてとても高度な機能で生後3ヶ月から発達して6ヶ月で最大となり1歳半から2歳でほぼ発達は終了します。

弱視(矯正をしても視力がよくならない)

小児眼科

幼児期の片目の眼帯使用白内障眼瞼下垂鉗子分娩が原因の角膜混濁などの目の病気、遠視斜視、左右の遠視や近視の度数の差が大きい不同視などがあると無意識のうちに見えにくい方の目を使わなくなり視力の発達が妨げられてしまいます。その結果、片目あるいは両目が眼鏡をかけても視力が上がらない弱視になってしまいます。子供が見えないという症状を自分から訴えることはあまりありません。早い時期に治療を開始すれば視力を含めた視機能の発達を促していくことが可能ですが、時期が遅れて視力や両眼視を獲得できる時期を逃してしまうと治療を行っても改善はあまり期待できません。早期発見早期治療が最も大切です。

斜視(いろいろな種類があります)

赤ちゃんは目を動かす筋肉や視力が未発達であるために目の位置が安定していません。生後2~3ヶ月くらいになると物を目で追うことができるようになり生後6ヶ月くらいで目の位置も安定してきます。片目は正面を向いているのにもう片目が違う方向を向いてしまっている状態が斜視です。斜視は人口の3%くらいにみられるといわれおり、まれな病気ではありません。ずれている目が内側を向いている内斜視と外側を向いている外斜視、上下にずれがある上下斜視があります。いつも斜視である恒常性斜視と、いつもではなく一時的に斜視になる間歇性斜視があります。また、生後6ヶ月以内に発症する場合と、成長してから目立ってくる場合とがあります。偽斜視といって斜視ではないのに斜視に間違われる場合もあります。斜視は大人になると疲れを感じたり、肩凝りや頭痛の原因になることがあります。また斜視の程度がひどいと外見上困る場合もあります。このような場合は治療の対象になります。

斜視の原因(大人の場合は注意が必要です)

強い遠視や目を動かす筋肉や神経の異常によるものがほとんどです。そのほかにまれですが網膜芽細胞腫という目の悪性腫瘍などの目の病気や脳などの全身の病気に伴うものなどがあります。大人になってから斜視になる場合には脳梗塞脳腫瘍などの頭の中に原因があることが多く早めに受診して下さい。しかし、ほとんどの方は頭の中の微小血管が詰まって目を動かす神経が一時的に働きにくくなった場合が多く、70%くらいの患者さんは内服治療で3ヶ月から半年で治ります。急に片目のまぶたが下がってきてものが二重にだぶって見える場合はまれですが脳動脈瘤の破裂の前兆のことがあり緊急を要します。また甲状腺症重症筋無力症などの全身の病気で斜視になることもあります。そのほかに片目の視力を失うと目の位置が安定性を失って斜視になってしまうことがあります。

斜視の治療(目をまっすぐに治すことより大切なことがあります)

ずれている方の目は使われていないことが多く、そのために弱視になってしまいます。小学校入学前の視力が発達する時期に治療をして視力を改善することが最初にやらなければならないことです。視力の回復は小学校に入ってからではなかなか効果がでにくくなるからです。次にずれている目をまっすぐに戻す治療をします。眼鏡を使用するだけでまっすぐに戻ることもありますが、場合によっては手術が必要なこともあります。手術は年齢がいくつになってもすることはできます。最後の治療は両眼視機能を獲得することです。斜視の種類によっては、早期からきちんと治療を行っていても両眼視の改善が難しいことがあります。両眼視は2歳で発達を終えてしまうために早期に始めないと効果がでないからです。ハードルはとても高くなります。

子供の近視についてMyopia

近視を進行させないことの重要性

近視は複数の遺伝因子のもとに、環境因子が合わさって発症すると考えられています。近視は進行すると網膜剥離、緑内障、近視性網脈絡膜萎縮、近視性視神経症、高度近視性内斜視などのさまざまな視機能障害を生じることがあり、わが国では失明原因の5番目に位置しています。これらの視力障害の有病率は近視度数が強くなる程、増加していきます。近視人口が増加すると、近視に付随したさまざまな眼疾患も増加することになります。

また、近視が強くなるほど眼鏡のレンズの厚みが増して牛乳瓶の底のようなレンズになり美容上大きなマイナスになるだけでなく、眼鏡をかけても十分な視力を出すことが難しくなります。

近視関連眼疾患の多くが強い近視(強度近視)から発症するので、近視が発症する8歳頃から近視が落ちつく20歳頃迄の間に近視の進行を抑制することができれば、将来的に強度近視の発症を減らすことができ、視機能障害を減少させることができます。

特に小学校入学以前に近視を発症してしまう早期の近視発症例は、強度近視に至る可能性が高く注意が必要です。近視だから眼鏡をかけて見えれば大丈夫という考えは現在では違ってきており、近視の進行は病気につながるため進行予防が重要になることを理解することが大切です。

近視が進行するメカニズム

最近、医学の進歩で近視が進むメカニズムもだんだんわかってきました。成長期には外部の環境に合わせて眼軸長(眼の奥行)をコントロールする力があり、長時間近くのものを見ることで眼軸長が伸びて近視が進行してしまいます。また安易な眼鏡の装用も近視を進行させてしまう場合があります。

最近は夜間遅くまでパソコン、スマートフォンやタブレット端末などのディスプレイを見ることが多くなり、学童でも手にする機会が増えています。実はこのスマートフォンやタブレット端末は近方で使用するため近視を進行させてしまいます。また夜遅くまで使用するとブルーライトによる体内時計(サーカディアンリズム)の障害とも関係があると言われており、放置すれば就学不能になったり、うつ病の発生につながることもあると指摘されています。なぜ以前に比べて最近、近視がこれ程増えているのかはこのような環境の変化を考えれば分かっていただけるかと思います。

近視の検査について

小児眼科

近視があるかどうかは、視力検査をするだけではわかりません。なぜなら、近視の初期は視力がそれほど下がらないからです。近視は、ある程度進行すると急に視力低下をきたします。視力の低下がない時期に、近視を発見することが大切になります。

また、初期の近視の中には治療で近視が治る場合もあります(仮性近視)。仮性近視の場合、見えないからといって安易に眼鏡をかけてしまうと治るチャンスを失うこともあります。

そのため当院では、近視または仮性近視が疑われるお子さんには、目薬を使用して近視の状態を詳しく調べる検査を行っております。

近視を進行させないために〜日常生活の注意点

近方を見ることで近視は進行してしまいます。近方を見る時間が限りなく無くなれば近視はほとんど進行しなくなりますが、文明社会では現実的ではありません。
そこで近視を進行させないために、以下の3点を実行することが大切になります。

スマートフォンは小学校を卒業するまでは使用を避ける
近くのものを見るときは30cm以上離して見る
なるべく外に出て1日に2時間以上屋外で活動する

現在のところ①から③は近視、仮性近視の共通の注意点になります。

近視近視の抑制と治療について

現時点で近視進行を抑制する実証がある治療にはオルソケラトロジー、低濃度アトロピン点眼、多焦点眼鏡、多焦点ソフトコンタクトレンズがあります。このうち、日本で認可されているのはオルソケラトロジーのみです。

これから治験などを通して安全性と効果が国内でも実証されれば、治療の選択肢は広がっていくと思います。将来、さらによい治療が出てくる可能性もあります。現在できることを頑張ることが大切です。昔と違って、近視だから眼鏡をかければいいということではないのは前述のとおりです。

また、通常の眼鏡より近視を進ませにくくする構造のレンズを使った眼鏡を使用する方法もあります。どの治療がお子さんに合っているかは診察でご相談下さい。

治療を開始する前には近視の状態を正確に把握するために目薬を使用して検査をすることが必要です。また前述のように視力だけでは近視の進行はわからないので、定期的な診察による進行のチェックが重要になります。

pagetop